快適領域が、あなたを縛り付ける。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

どうしてなの?ふられた彼氏に「こだわってしまう」3つの心理
はじまりがあれば、そこには終わりがあるもの。 恋愛の場合、終わりがハッピーエンドの場合もあれば、残念……….≪続きを読む≫

コーチングの用語に、快適領域というものがあります。

これは、その名のとおり、快適と感じる領域のことです。

そして、これは「自分らしくいられる範囲」のことでもあります。

私にとっての快適領域は家であり、妻であり、子供であり、そしてコーチ仲間です。

人間には、この快適領域に留まろうとする性質があります。

自分らしくいられる範囲から出ると、自分らしくいられる場所に戻ろうとするのです。

旅行に行くと、家に帰りたくなるようなものです。

冒頭のニュースも、昔の恋人が快適領域だったから、と説明することができます。

恋人と別れた理由はなんであれ、「自分らしくいられた」相手であることはたしかでしょう。

そうすると、無意識が、その状態に戻ろうとしてしまうのです。

そう考えると、

いじめ・嫌がらせ被害体験をプラスに変えることも、

昔の恋人にこだわらなくなるのも、

同じ方法で対応できることがわかっていただけるでしょう。

ここで言いたいのは、つまり、

いじめ・嫌がらせ体験にこだわらなくなる方法も、

それほど難しいことではない、ということです。

昔の彼氏にこだわっている人に対するアドバイスと同じです。

新しい彼氏をみつけよう!

つまり、新しいゴールに向かって進もう!です。

自分が大きく成長できるぐらい高いゴールを掲げて、

そこに向かっていきましょう。

そうするだけで、過去へのこだわりは、自然と減っていきますよ。

もっと詳しく知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。