最悪の事態を想定することから、始める。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

東京がISテロの標的になる可能性「十分あり得る」と専門家
 フランス・パリの中心部で起きた同時多発テロ。一版市民や観光客など120人以上が犠牲になった無差別テ……….≪続きを読む≫

[アメーバニュース]

クライシスサイコロジーと呼ばれる分野があります。

今回のフランスのテロは、日本人のメンタルにも大きく影響を及ぼす可能性があります。

なぜなら、このような危機が生じたとき、

「他人の経験を、まるで自分が経験したかのように感じる」のが人間だからです。

頭の中で、物理的な被害者と同じように、被害者心理に陥ってしまうのです。

ですから、日本においても、実際に被害を受けたかのような状況と考えて、

国家レベルでの対応をするのが、本当のところです。

このような場合、国は安全を保証してはいけません。

冒頭で取り上げたニュースの教授のように、日本にもテロの可能性があると言わなければなりません。

そうしておいて、それをどのように防ぐのかの計画を示し、計画の実行状況を逐次、国民に示していくのがよいのです。

安全ですと先に保証してしまえば、もしテロが起きたときのパニックはひどくなります。

ですから、保証はしてはいけないのです。

この方式は、新しい自分に向かって行動を起こすときにも役立ちます。

まずは自分がとろうとする行動による、最悪の事態を想定してみましょう。

そして、その最悪の事態を許容できるかどうかを考えてみるのです。

たとえば、私の場合であれば、このような政治的意見を言うことによって、

最悪、どうなるかを考えてみます。

そして、別に対したことないなと思っているので、このような文章を公表しているわけです。

ゴールに向かって行動を起こし始めれば、必ず何かしらの障害が出てきます。

それらが自分の中で、許容できるかどうかを考えてみましょう。

もちろんゴールに向かって行動を起こせないあなたは、あなたらしくはないのです。

しかし、だからといって何も行動を起こさずにいるのも、あなたらしくない。

ですから、許容できる損失を見定めて、その範囲内でできることをしてほしいと思います。

許容損失についてももっと詳しく知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。

関連記事

理論的な立ち位置のまとめ

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。