社会貢献のスピードを上げるのに、お金は邪魔か?【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

社会貢献のスピードを上げるとき、お金儲けは邪魔になるでしょうか?

当たり前ですが、なりません。

あなたと、ビル・ゲイツが、同じ社会貢献を始めたとき、

どっちが広がりやすいかを考えれば、分かることです。

知名度の問題などもありますが、

単純に使えるお金の量が違えば、短時間で、できることも違ってきます。

今回は、これらを踏まえて「WANT TO」と、「自分らしさ」の話をします。

いじめ・嫌がらせ被害体験者の中には、社会貢献のゴールを掲げている人も大勢います。

そして、現在被害に遭っている人の支援をしている人も、大勢います。

しかし、それは無料で行っている人がほとんどです。

でも、なぜ無償で行っているのでしょうか?

有料にすること、利益を出すことが「自分らしくない」と考えては、いないでしょうか。

「自分らしさ」というのは、ゴールが決めます。

ゴールを達成すべき自分が「自分らしい」のであり、

そうでない自分は、「自分らしくない」のです。

たとえば、「学校でのいじめ・嫌がらせをなくす」というゴールを掲げたとき、

無償で活動を行うのと、有償で行うのでは、どちらが有益でしょうか。

もし有償で行うほうが有益だとしたら、無償で行うのは「あなたらしくない」ことなのです。

ゴールに向かうとき、

その自分を不合理に制限するものは、

「あなたらしくないもの」です。

今までの自分が、自分らしいのではありません。

ゴール達成するのに「あるべきあなた」というのが、あなたらしさです。

すべてはゴールが、決めるのです。

ゴールとあなたらしさについては、この記事もどうぞ。

自分らしさは、ゴールが決める。

もっと、詳しくゴールとあなたらしさについて知りたい方は、

メルマガ登録してみてくださいね。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。