自分を変えるは、ゴールにしないほうがよい理由【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

自分を変えることをゴールにしても、

自分を変えることはなかなか難しいものです。

1日に1つ記事を書く事をゴールにしていたら、

1つできるかどうかもわかりません。

しかし、1日に10個記事を書く事をゴールにしていたら、

1個書くのは当然のことです。

同じように、自分を変えることをゴールとしていたら、

自分が変わるというゴールが達成できる可能性は、少なくなってしまいます。

ですから、自分が変わることをゴールにするのではなくて、

自分が変わることによって、どうしたいのか、その先のゴールを掲げましょう。

なんのために、自分を変えたいのかを考えるのです。

なりたい自分にならないと達成できないような、壮大なゴールを掲げましょう。

そのゴール達成のためには、必然的になりたい自分になるような、ゴールを掲げるのです。

ゴールが先、あなたらしさは後ですよ。

参考記事

自分らしさは、ゴールが決める。

ブログでは書けない、かなり有益な情報が満載です。

コーチングをもっと知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。