無謀なゴールから、方法が見えてくる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

1時間で届かなければ配送料返金 アマゾン・プライムナウに「称賛よりも恐怖を感じる!」
通販大手のアマゾンジャパンは、11月19日から有料会員向け新サービス「プライムナウ」を開始した。専用……….≪続きを読む≫

アマゾンが何が優れているかといえば、

無謀なゴールを掲げることです。

人間の脳は、手抜きが大好きです。

必要性のないことは絶対にしません。

一番近くにある時計の文字盤を書こうとしても、

おそらく99%の人がかけません。

それは、時計は時間を知ることが大切なのであって、

時計の文字盤なんて、どうでもいいからです。

これは、自分らしさについても同じです。

自分が変わる必要性がないなら、脳はわざわざ変わろうとしません。

昔から、苦労は買ってでもしろというのは、

そういう状況に自分を追い込めば、自分が変わる必要性を脳が感じるからです。

だからといって、

脳科学が発展した現在において、わざわざ苦労を買う必要もありません。

自分が変わらざるを得ないようなゴールを設定すればよいと、

科学的にわかっているからです。

アマゾンのように、無謀だと思えるゴールを設定しましょう。

それが自分を変えるための、一番、適切な方法なのです。

参考記事

自分が変わらなくては達成できないことが、ゴールの条件。

ブログでは書けない、かなり有益な情報が満載です。

コーチングをもっと知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。