遅刻連絡が、電話なら許される理由は?【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

新人社員からLINEで「遅刻します」と送られてきた…あなたならどうする?
 新人社員からLINEで「すみません、遅刻します(スタンプつき)」と送られてきた。あなたはどうす……….≪続きを読む≫

遅刻の連絡をLINEですると、社会人としてのマナー違反とされるようです。

では、昔から遅刻の連絡を電話ですることは、なぜOKなのでしょうか。

電話でOKなら、SkypeやグーグルハングアウトならOKなのでしょうか。

ここで、考えてほしいのが、結局はゴールの問題だということです。

その新人社員が、取引先にまでLINEで遅刻の連絡をするようだったら、

たしかに問題があるかもしれません。

なぜなら、利益が減る可能性があるからです。

しかし、社内での連絡において、LINEが禁止される理由は単純で、

慣例にないからに過ぎません。

LINEが連絡方法として役立つかどうかは、

2週間ほどテストしてみれば、すぐわかります。

合理的に判断するのであれば、先に導入すればよいのです。

慣例に従うというのは、結局、頭を使っていないということです。

今までの自分でいるということも、同じです。

自分が変わらなくても達成できるレベルを設定することも、

結局は現状維持につながってしまいます。

適切なゴールを設定して、

ゴールに向かって進んでいきましょう。

そうすることが、あなたの過去の出来事をプラスに変えてくれるのです。

参考記事

本当にしたいことが見つかれば、全部勝手に変わる。

ブログでは書けない、かなり有益な情報が満載です。

コーチングをもっと知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。