義務感は、ゴール達成の足を引っ張る。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

シャープの「自爆営業」に百貨店社員 「私の業界では普通」
 経営再建中のシャープが、社員を対象に自社製品を購入することを求めるキャンペーンを始め、これが大……….≪続きを読む≫

ゴールは、義務ではありません。

ゴールには、2つの条件があります。

その1つは「WANT TO」つまり、達成したいと思えるゴールであることです。

シャープの経営再建を考える経営者にとって、

経営再建はもちろんゴールに入っています。

そのために、これまでのシャープらしからぬ自爆営業を始めたのは、

素晴らしいことだと思います。

ただ、経営再建がゴールであるとすれば、

ちょっとゴールが低すぎますね。

それよりも問題なのは、

それが社員にとっての「WANT TO」になっているかどうか、です。

申し訳ないのですが、

社員にとって大切なことは経営再建ではなく、

自分達の生活を守ること、つまりは現状維持でしょう。

それを踏まえると、

「経営再建のために、社員のみなさん、商品を買ってください」というのは、

単なる義務感を増やすだけです。

これは、経営再建への気持ちを削ぐ行為にもなりかねません。

ゴール達成に向けて、義務感は禁物です。

これは、いじめ・嫌がらせ被害体験についても同じです。

変わらなきゃという義務感は不要です。

そうではなくて、自分が変わらないと達成できないぐらい壮大で、達成したいと思えるゴールを掲げてください。

そして、その実現に向けて、本気で、夢中で取り組んでください。

参考記事

もっと欲に素直になっていい。

コーチングをもっと知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。
ブログでは書けない、かなり有益な情報が満載です。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。