年賀状を書くのはなぜ?【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

年賀状 家族一同に「ペットの名」入れる人に疑問の声
今年もそろそろ年賀状のことを考える時期になった。そのときに毎度議論が勃発するのが、「子供の写真入り年……….≪続きを読む≫

年賀状にペットの名前を入れるどうこうの前に、

年賀状を書く理由が、ありません。

年賀状は、年賀の気持ちを送るものとして始まったと言われますが、

そうだとすれば、わざわざ年賀状を使う必要もないわけです。

では、私が年賀状を書くかと言われれば、書きます。

それは単純にビジネス上の付き合いでが1つ、

もう1つは逆に住所だけ知っている人がいるからです。

これは社交上、そうしているというだけで、

そもそもなぜ年賀を祝うのかというところも、疑問です。

イエス誕生を西暦の始まりとしていると言われますが、

実際のイエスの誕生日は歴史上は別日とされています。

つまり、年賀は、たまたまそうなった、という日のことであり、

たいした意味などないのです。

もちろん、年賀について文句を言いたいのではなく、

このような社会常識にとらわれることで、

ゴール達成が遅くなることが往々にしてある、ということです。

もし今のあなたにとって、年賀状を書く事よりも大切なことがあれば、

そちらを優先すればよいのです。

特にいじめ・嫌がらせ被害体験を克服するためにやることなら、

一生に役立つことです。

年賀状というものに囚われている時間なんてないはずです。

ゴールを基準に物事を考える習慣をつけましょう。

そうすると、自然と大切なものが見えてきますよ。

参考記事

いじめ・嫌がらせ体験を、無理にプラスに変えようとしなくてもOK。

ブログでは書けない、かなり有益な情報が満載です。

コーチングをもっと知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。