どんどんジレンマを作っていく。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

実際に変わり始めると、必ずジレンマが生じます。

ですから、どれくらい早くジレンマに陥れるかが、大切です。

次の記事も、ジレンマが出てきたことを示す記事です。

ですから、よい兆候です。

河野太郎氏 霞が関の女性職員に「配慮不要」と言われる

 国家公務員制度担当大臣の河野太郎氏が、霞が関で働く女性職員たちと意見交換したことをブログで報告……….≪続きを読む≫

いじめ・嫌がらせ被害体験者に向けて、

これまで何度もゴール設定をすることの重要性を述べてきました。

もちろん、私に対する信用がないことは大きな理由ですが、

それでも、ゴール設定をする人は少数派です。

ゴール設定の本を買っても、ゴール設定をしない人のほうが多いぐらいです。

ゴール設定をしようとしないと、

ゴール設定の難しさについても知ることはできません。

適切なゴール設定をしたいけれどもできない、というジレンマに陥ることさえできません。

私の言うとおりにやってね、という意味ではなくて、

ジレンマというのは成長している証拠だということです。

ですから、こちらを立てればあちらが立たずという状況なら、

ぜひ喜んでください。

ジレンマを解消する簡単な方法については、

過去の記事でご紹介していますので、

ぜひそちらを参考にしてください。

どんどんジレンマにぶち当たっていきましょう。

それこそが、自分が変わるコツですよ。

参考記事

「本当に?」で思い込みを外す。

ブログでは書けない、かなり有益な情報が満載です。

コーチングをもっと知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。