休む理由を無意識はつくる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

「ごきげんよう」が終了となるようです。

休みのときに観る番組だったと、懐かしむ人が多いそうです。

「ごきげんよう」終了 学校を休んだ日に見る番組だった
 トーク番組『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ系)が来年3月末で終了することが発表された。前身の……….≪続きを読む≫

私もよく、気分が乗らないという理由だけで学校を休んでいましたが、

こういう休み方は、実はとても大切です。

きちんと休みたい時に休まないと、

無意識は休む理由を無理やり作ろうとするからです。

風邪を引いたり、お腹を下したり、事故を起こしたり、です。

最近は、風邪を引いている人は職場に来るなという人も出てきています。

ですから、お言葉に甘えて、しっかりと休みましょう。

ちなみに、私は前の職場で、インフルエンザでも来るのが幹部だと言われました。

社会人とのしての常識というのも、

結局は、その常識を主張してくる人の意見にすぎないわけです。

その人が、あなたに来て欲しいと思っているときは、

インフルエンザでも来るのが正しいと言ってくるでしょうし、

来て欲しくないと思っているときは、インフルエンザで来るなと言います。

どっちにしろ、相手は好き勝手に言ってきます。

ですから、あなたも好きなことを選べばいいのです。

そして、元気を取り戻しましょう。

無理をしても、無意識が休む理由を作るだけです。

休みたいと思って、休んで愚痴を言われるぐらいで済むなら、

早めに休んでおきましょう。

それが、自分の常識を壊すことにつながっていきますよ。

参考記事

もっと欲に素直になっていい。

ブログでは書けない、かなり有益な情報が満載です。

コーチングをもっと知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。