自分のために、ストレスをポジティブに捉える。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

「ストレスの多い職場にいると寿命が縮む」は本当だった:研究結果
Inc.:「タバコを1本吸うたびに寿命が少なくとも7分縮む」と聞かされたら、ぞっとしますよね。……….≪続きを読む≫

ストレスの多い職場にいると、実際に寿命が縮むそうです。

しかし、実際にはストレスが悪いのではなくて、

「ストレスは体に悪い」という思い込みが、寿命を縮めていると主張する学者もいます。

この主張についてはTEDでも見れます。

ケリー・マクゴニガル: ストレスと友達になる方法

ストレスを避けられる会社なら、避けたほうがよいに決まっています。

ただ避けられないなら、せめてストレスをポジティブに捉えるようにしましょう。

そして、それは誰のためでもなく、あなたのためです。

ポジティブに捉える具体的な方法論については、上記のリンクからどうぞ。

そして、上記のTEDでさらに大切なことがあります。

利他の行動は、自分のストレスを打ち消す、という実証結果です。

いじめ・嫌がらせ被害体験を受けた人は、

どうしてもストレスを受けやすくなります。

そうした人こそ、ストレスは、「ストレスは健康に悪い」と考えるから健康に悪いのだという主張を、知っておいてほしいと思います。

そして、できれば社会貢献活動に力を入れてください。

それが、あなたのストレス対策としても、とっても有効な方法だからです。

一番簡単な他者貢献の方法については、次の参考記事をご覧ください。

周りの自己肯定感を高めてあげる。

ブログでは書けない、かなり有益な情報が満載です。

コーチングをもっと知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。