ゴールを設定しないと、元に戻る。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

一番大切なことは、ゴール設定です。

ゴール設定をせずに行動だけ変化させようとしても、元に戻ります。

自動操縦の目的先が北極なら、

あなたがどれだけ南に向かっていても、

あなたが眠っている間に、北に向かってしまいます。

大切なことは、無意識に常にゴールを示し続けることです。

ただ、無意識は最も臨場感のある世界を、ゴールに設定する性質があります。

そして、ゴールが遠ければ遠いほど、臨場感は湧きにくくなります。

ですから、ゴール達成のために、あるべき自分の姿に臨場感を持つようにするのです。

環境を変えても、行動を変えても、

結果的にセルフイメージ、自己イメージが変わらないと、

元に戻っていまいます。

常に自己イメージを高く評価しましょう。

それが結構大変なのは重々承知しています。

少しずつでもよいので、自己イメージを高めていきましょう。

参考記事

自己イメージを変えるセルフトークとは?

ブログでは書けない、かなり有益な情報が満載です。

コーチングをもっと知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。