ゴール達成状態をリアルにする。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

「DEATH NOTE」に、また最近ハマっています。

夜神月のセルフトークは、よい見本になります。

夜神月が、

南空ナオミの名前を聞き出そうとするときのセルフトークは、

「もうそれしかない・・・僕ならできる」

この「僕にはできる」の感覚のことを自己効力感=エフィカシーと言います。

コーチングでは、「ゴール達成能力に対する現在の自己評価」と、定義されます。

私にはゴールを達成する能力はない、私はゴールを達成する能力を持っている、

というような、自己評価のことです。

この自己効力感を高める方法は、心理学的には4つ提唱されています。

1 成功体験
 
2 代理体験
 他人の成功体験を見聞きすること。

3 言語的説得
 セルフトークのコントロールのこと。

4 情動的喚起
 生理的な反応の変化を体験してみること。

細かい説明は、他のブログに任せたいと思いますが、

これらは結局は、「ゴール達成状態のリアリティを上げる方法」です。

自分がゴールを達成している状態を、リアルに感じれば感じるほど、

自己効力感は高まるわけです。

この本質を捉えておくことで、セルフトークのコントロールのより効果的な使い方が分かります。

つまり、セルフトークのコントロールは、ゴール側のセルフイメージのリアリティを高めるための技術なのです。

ですから、大切なことはリアリティが上がっているかどうか、です。

「僕にはできる」と言いながら、頭の中ではできない状態を想像していたら、

セルフトークは効かないということです。

冒頭で書いた夜神月は、

「僕ならできる」と言ったとき、頭の中では成功したイメージをリアルに感じていたはずです。

まるで今ここで起きているかのような感覚で、その光景を感じていたはずです。

このような感覚を持つために、セルフトークのコントロールをします。

ですから、ただ言葉を変えるだけでは足りません。

セルフトークをするときは、その言葉が呼び起こすイメージや、情動にも注意を払ってください。

そして、そのイメージや情動が、ゴール側のセルフイメージのリアリティを上げることにつながっているかどうかを、チェックしましょう。

参考記事

理論的な立ち位置のまとめ

コーチングをもっと知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。

ブログでは書けない、かなり有益な情報が満載です。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。