無意識は、みんな天才。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】

無意識は、よい意味でも、悪い意味でも、天才です。

天才的な方法で、快適領域に留まろうとします。

快適領域というのは「自分らしい」と思える範囲のことです。

世の中に、画期的な記憶法が発明されたとしますね。

そして、それは科学的も十分に根拠があるとします。

それを実行することによるデメリットもなく、

実行するのも簡単だとします。

そうしたら、その記憶法が普及するでしょうか?

ほぼ間違いなく、普及しません。

「物覚えが悪い」と思っている人ほど、

このような記憶法には拒否感を示します。

なぜなら、自分が変わってしまうからです。

自分がそれをしない理由を、天才的に作り出します。

【実践編】

1 「現状の外」、「WANT TO」のゴールを設定してください。
  すでにゴールがあるなら、そのままでOKです。
  たぶん、これを読んでいる人の90%はゴール設定をしていないはずです。
  なぜなら、ゴール設定をすると変わってしまうからです。
 

2 ゴール達成jに役立つのに気乗りがしない行動があれば、

  IF-THENプランニングを作りましょう。

例0 もしゴール設定を面倒だと思ったら、今すぐに1つだけゴール設定をする。
例1 もしブログを書くのが面倒だと感じたら、5分以内に1行だけ書く。
例2 もしいじめ・嫌がらせ体験被害を思い出したら、「自分らしくない」とセルフトークする。
例3 もし「やらない理由」が出てきたら、「快適領域から出た自分はすごい」とセルフトークをする。

マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。

なかなか変化できずに困っている方は、メルマガ登録をどうぞ。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。