勘違いさせるぐらい、リアルにする【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

あがり症は必見! 話し方講師が教える、簡単にできる人前で上手に話すコツ
結婚式でのスピーチ、配置換えの際の自己紹介、職場でのプレゼンなど、人前で話す機会は意外と多いですよね……….≪続きを読む≫

【理論編】

人前で話すテクニックは、きっとたくさんあります。

テクニックより大切なことは、「それっぽさ」です。

つまりは、イメージコントロールです。

プロ棋士の羽生さんは、結婚前は寝癖がついたまま、

試合に出ていました。

試合前にはいろいろな関係者の方もいるでしょうから、

気づいていたはずです。

しかし、誰も指摘しなかったのでしょう。

なぜ、指摘しなかったのかといえば、

羽生さんは、それっぽいからです。

将棋以外に興味がないのだろうと、

周囲が納得したからです。

話が上手に聞こえるコツは、

リラックスして、自信満々に話すことです。

話している内容が支離滅裂でも、

自信満々に話されると、それっぽく感じます。

理解できない自分がわるいのかな、と思います。

アメリカの映画で、アメリカンジョークがあったとき、

笑わない自分が、さも教養がないみたいに感じるでしょう。

あの感覚に陥らせればよいのです。

【実践編】

1 いじめ・嫌がらせ被害を克服した自分をイメージしてください。

2 まるでそれを克服しているかのように、人前で振る舞ってください。
  たとえば、人に対する思いやりがあり、自信に満ち溢れているような感じです。

3 相手がどのように反応するかを、じっくりと観察してください。
  相手を錯覚させることができたかどうかを、見極めてください。

4 相手を勘違いさせられなかったら、まだリアルでない証拠です。
  もっと情報をあつめて、リアルにしましょう。

なかなか変化できずに困っている方は、メルマガ登録をどうぞ。

マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。


ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。