一歩ずつ外に出る。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】

セルフトークのコントロールは、とても役立ちます。

しかし、セルフトークのコントロールだけでは、やはり結果が出るのは時間がかかります。

物理世界にといて、環境を変えるのは行動です。

新しい自己イメージに沿って行動を起こしていかないと、

過去の出来事の意味も変わりません。

出来事の意味は、事後的に変わるからです。

新しい自分にふさわしい環境を作るために、必要十分な行動を取っていきましょう。

セルフトークをコントロールして、行動を起こし、

うまくいったら「自分らしい」、うまく行かなかったら「自分らしくない。次はこうする。」と、

またセルフトークを重ねるのです。

【実践編】

1 ゴール側の自己イメージにふさわしい行動で、今の自分がしていないことを選びます。

2 許容損失の原則に当てはめて、その行動を評価します。

3 「やらない理由」が出てきたら、「自分らしくない」とセルフトークをします。

4 実行します。

5 うまくいったら「自分らしい」、うまく行かなかったら「自分らしくない。次は~しよう。」と新しいアクションプランを考えます。

参考記事

許容損失を決める。

マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。