ゴールが問題を生み出す。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】

ゴールがあるから、問題が生まれます。

反対から言えば、問題があるということはゴールがあるということです。

学校の先生にとっての問題児とは、学校の先生のコントロール外にあるという意味です。

この場合のゴールはもちろん、生徒をコントロールすること、です。

生徒をコントロールしたいから、コントロールできない生徒は問題児となるのです。

いじめ・嫌がらせ被害体験が、自分にとって問題という場合も、同様です。

被害体験を問題としている、そのゴールは何でしょうか。

そのゴールは、あなたが設定したものでしょうか。

あなたが心から達成したいと思うゴールでしょうか。

それとも、社会が設定したものでしょうか。

 
【実践編】

1 いじめ・嫌がらせ体験が「問題」となるのは、どのようなゴールがあるからでしょうか。
 例:「いじめ・嫌がらせ体験が原因で、私は人前で上手に話すことができない。私のゴールは、人前で上手に話すことである。」

2 そのゴールは、あなたが達成したいと思っているゴールでしょうか。
 例:人前で話す機会は、ほとんどない。人前で上手に話したいとも思わない。

3 もし達成したゴールでなかったら、自分の達成したいと思うゴールを仮に掲げましょう。
 例:いつも自分に自信を持っているようになる。

マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。