好きなことだけが、身につく。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】

「拡大-形成仮説」という仮説があります。

大雑把に言えば、ポジティブ感情は思考を拡大し、

リソースを形成するためにある、という仮説です。

将来の危機に備える行動をするために、ポジティブ感情があるということです。

この仮説が本当なら、自分の可能性を広げる道は、

ポジティブ感情を感じられることに没頭することです。

過去の解釈がどうしても変わらないなら、

好きなことに没頭してみましょう。

好きなことに没頭することにより、思考の幅が広がるかもしれません。

【実践編】

1 ネガティブ感情による行き詰まりを感じたら、ポジティブ感情を利用しましょう。
  具体的には、好きなことに没頭して、思考の幅を広げ、自分が使える資源を増やしましょう。

なかなか変化できずに困っている方は、メルマガ登録をどうぞ。

マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。


ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。