パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

自分が変わる簡単なコツ【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

プリンセス天功、新喜劇とのコラボ公演開幕 ヘリを使ったイリュージョンも
 イリュージョニストのプリンセス天功が30日、大阪・なんばグランド花月で『プリンセス天功×辻本茂雄 ……….≪続きを読む≫

【理論編】

 自分が変わりたいとき、一番簡単な方法は、

 変わろうとしている人を応援することです。

 そして、最後まで、変わるまで応援し続けることです。

 そうする中で、自分が変化することも、自分で許可を出せるようになるからです。

 

 最初は応援していても、最後まで応援し続けられる人は、100人に1人です。

 親切心で、つい元に戻そうとしてしまいます。
 
 しかし、そうすることで、あなたは自分に許可を出せなくなるのです。

 良くも悪くも、あなたは他人の人生に責任を持つことはできないのですから、

 応援すればよいのです。

「それでは無責任じゃないか。」と思うかもしれませんが、

 そもそも他人の人生に責任など持つことはできないのです。

 それでもつい口出しをしたくないのは、自分が責任を負いたくないからです。

 応援をしたという責任を、自分が負いたくないからに過ぎません。

 あなたが変わるのを止めに入って、それでも相手が自己責任で進めば、

 それは完全に相手の責任にできます。

 しかし、あなたが応援して、相手が失敗した場合には、

 あなたは、何かしらの責任感を感じざるを得なくなります。

 

 最後まで、応援し続けることができるようになりましょう。

 そうすれば、自分も応援し続けることができるようになるのです。
 

【実践編】

 1 誰かが自分を変えようとしているときは、最後まで応援し続けましょう。

 2 応援したことにより相手が失敗したときは、その責任感をしっかりと感じるようにしましょう。

なかなか変化できずに困っている方は、メルマガ登録をどうぞ。

マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。


-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

頭を柔らかくしつつ、行動をするには?【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】 ネガティブ感情は、特定の行動へと人を駆り立てます。 ポジティブ感情は、簡単にいえば頭を良くします。 では、頭を良くしながら、行動を駆り立てるには、どうすればよいのでしょうか。 もう、聞き飽 …

no image

横綱こそ、猫だましをするべし。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

横綱白鵬が、猫だましをしました。 私は相撲ファンでもなんでもないのですが、 Yahooニュースに乗っていたので読んでしまいました。 苦言を呈されてもいるようですが、 コーチング的には素晴らしい、の一言 …

no image

いじめの被害体験の影響を、少なくする簡単なコツとは?

いじめ・嫌がらせ被害で、前に進めない人は大勢いらっしゃいます。 「いじめを受けたときの傷は、絶対に忘れられません!」とおっしゃる人もいます。 もちろん、それがプラスの力になっているなら、よいのです。 …

no image

マナーを知るのは、縛られないため。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

あなたは大丈夫? 知らないで恥をかいた「マナー」エピソード3選結婚式やお葬式などの場面で、社会人なら知っていて当たり前のマナーを知らずに恥ずかしい思いをしたことが……&#823 …

no image

社会貢献のスピードを上げるのに、お金は邪魔か?【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

社会貢献のスピードを上げるとき、お金儲けは邪魔になるでしょうか?当たり前ですが、なりません。 あなたと、ビル・ゲイツが、同じ社会貢献を始めたとき、 どっちが広がりやすいかを考えれば、分かることです。 …

読者登録フォーム

【無料メルマガ】『パワハラを脱出する方法』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

Twitter でフォロー

2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。