過去は自己否定の理由にはならない。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】

 計算問題を間違えたとき、

 「自分はバカだ」と思うのも、
 
 「あれっ、おかしいな」と思うのも、

 どっちでも自然なはずです。

 計算問題を間違えたことは、「自分はバカだ」と思う理由にはならないわけです。

 

 過去に、いじめ・嫌がらせ被害体験があったとして、

 同じようにそれも、自分を否定する理由には、まったくなりません。

 計算問題を間違えたのと同じく、予想が外れただけ。

 自分がダメだからと考える理由には全くなりません。

 
【実践編】

1 もし、自分はダメな人間だと思っているなら、自分がダメだと思う理由を書き出してください。

2 それらの理由が、本当に自分がダメだという理由になるのかを、考えてみてください。

参考記事

質問を変えることで、セルフトークを変える。

マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。