頭を使わないのは、とっても簡単【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

「日本人は従順な教育をされている」 ラグビー前HCが「自分で判断すること」の重要さ強調
日本中を沸かせたラグビーワールドカップ。日本代表チームのヘッドコーチ(HC。実質的な監督)を務めたエ……….≪続きを読む≫

【理論編】

 日本は、前例主義です。

 伝統を尊重すると言えば聞こえはいいですが、

 それは単なる思考停止の場合がほとんどです。

 

 問題は、出来事の意味付けの仕方も、

 知らず知らずのうちに決められてしまっていることです。

 たとえば、いじめ・嫌がらせ被害体験があることは、

 あなたが存在感があったことの裏返しでもあります。

 妖怪ウォッチのケイタ君は、きっといじめられないでしょう。

 なぜなら、何をやってもフツーだからです。

 

 当たり前ですが、意味付けは自由にしてよいのです。

 ただ、昔からそう解釈するのが普通だから、そう解釈しているだけです。

 普通の解釈をするのが、一番楽だからです。

 

 自分にとってプラスとなるような意味付けを試みましょう。

 自分で、出来事に意味付けを行うのです。

【実践編】

1 いじめ・嫌がらせ被害体験について、無理やりプラスの意味付けを行いましょう。

2 その意味付けに対する反論は自然と出てくるので、再反論して論破しましょう。

参考記事

質問を変えることで、セルフトークを変える。

マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。