私が、被害者を絶対に責めない理由【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

DV被害者の住民票、夫に交付=事務処理遅れで-兵庫・姫路
 兵庫県姫路市は3日、夫からのドメスティック・バイオレンス(DV)被害を訴えて転居手続きをした女性の……….≪続きを読む≫

 被害者を責めないのは人間として当たり前と思うかもしれません。

 しかし、いじめ・嫌がらせ、パワハラ、セクハラ、DVの被害者は、

「あなたにも責任があった」と言われがちです。

 もちろん、100%加害者に責任があるとは限りませんが、

 それでも社会においては100%加害者が悪いと言わなければならないと考えています。

 なぜなら、被害者が被害を訴えられなくなるからです。

 

 ときどき、「やり返せ!」、「弱さを武器にするな」という人がいます。

 その人の持論として、心の中で思う分にはよいですが、

 社会に向けていう言葉ではありません。

 なぜなら、その言葉によって、被害者が被害を訴えにくくなるからです。

 行政が動くのは、基本的には命が失われてからです。

 信号機でさえ、死亡事故が起きないとつけないのが行政です。

 言い換えれば、行政が取り組みを始めたということは、

 それを無視すると死ぬ可能性がある、ということです。

 意見が正しい正しくないの議論は、

 人の命が守られるという前提があってのことでしょう。

 

 今回の記事は、

 もしかしたら命に関わった可能性がある重大な事件でした。

 完璧にマニュアル化して、再発がないことを祈ります。 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。