パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

権利はどんどん主張してOK【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

【理論編】

過去には、血判状というものがありました。

誰が首謀者かが分からないように、円形に名前を書いたそうです。

昔は、「物申す」こと自体が命懸けだったわけです。

少し前なら、直接的に上司に物申すことができなかったので、

労働組合がありました。

今、やっと個人が上司に直接に物申すことができる時代になりました。

「最近の若い者は、権利ばかり主張して義務を果たさない」という人がいますが、

こういう人は、自分一人で権利を主張することもできない人ばかりです。

もちろん、権利を主張するのが当たり前となると、

そこで新しいジレンマが生じてきます。

どうやったら無駄な争いを起こさずに、

権利を主張するのかといった方法論が生まれます。

それがアサーションであり、交渉学です。

ですが、日本はまだそのレベルではありません。

日本の99%は中小企業ですが、

中小企業において、労働法が全うに守られているところは、

どれだけあるか、です。

日本は、まず権利を主張するのが当たり前になることが必要です。

少なくとも、権利を主張すること、行使することに対する、

罪悪感は取り除きましょう。

【実践編】

1 主張していない権利をあげてみましょう。

2 権利を主張することに対する罪悪感がないかどうか、を確認しましょう。

参考記事

挑戦するときに、許容損失を定める。

過去の嫌な出来事に、縛られてしまっていませんか。
自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
ご興味のある方は、ご登録くださいね。
マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。


-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

自分を変えるは、ゴールにしないほうがよい理由【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

自分を変えることをゴールにしても、 自分を変えることはなかなか難しいものです。 1日に1つ記事を書く事をゴールにしていたら、 1つできるかどうかもわかりません。 しかし、1日に10個記事を書く事をゴー …

no image

無意識は、みんな天才。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】 無意識は、よい意味でも、悪い意味でも、天才です。 天才的な方法で、快適領域に留まろうとします。 快適領域というのは「自分らしい」と思える範囲のことです。 世の中に、画期的な記憶法が発明され …

no image

常に少数派に徹する。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

いじめ・嫌がらせ被害体験者の強みは、少数派であることです。 少数派に立ったことのない人に、個性などありません。 しかし、少数派であることは恐怖を感じることであり、 つい、多数派に回ってしまいそうになり …

no image

パワハラ被害者にこそ「エフィカシー」を高める働きかけが必要な理由

パワハラを受けると、どうしてもエフィカシー(「自己のゴール達成能力の自己評価」)が下がります。 これが下がり続けると、自分には解決できないと思い込む、学習性無力感に陥ります。 — 三國雅洋:パワハラ解 …

no image

自分が変わらなくては達成できないことが、ゴールの条件。

今回は、「被害体験をプラスに変えるための、ゴール設定の条件」という話をします。 何度か書いてはいるのですが、ゴールには条件が2つあります。 1 「現状の外」2 「WANT TO」 今回は特に、「現状の …

読者登録フォーム

【無料メルマガ】『パワハラを脱出する方法』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

Twitter でフォロー

2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。