自分を高く評価することが何より大切。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

世界2大幼児教育法「モンテッソーリ教育」10の子育てポイント
モンテッソーリ教育は、シュタイナー法と並び「世界2大幼児教育法」と称される教育法です。 根底にあるの……….≪続きを読む≫

【理論編】

子育てのモンテッソーリ教育は、

一言でいえば健全な自尊心を育てる教育法です。

自分を高く評価し、

その評価に見合う行動を取れるようにする教育、

と言ってもよいでしょう。

基本的には、自己評価は、他者評価から生まれます。

他人の、自分に対する言動から、自己イメージは作られます。

ですから、教育がものすごく大切なわけです。

ほぼ、親が子どもの自己評価を決めてしまいます。

しかし、大人になったら自己評価は自分で決めてよいものです。

そして、ここも大切ですが、自己評価と現状が一致しなくても問題ありません。

その自己評価にふさわしい自分になるように、

向かっているかどうか、が大切なところです。

私は謙遜を基本的には否定しますが、

それは謙遜が自己評価を下げることが多いからです。

自分が目指しているところが高くて、

それに比べて「自分はまだまだだ」と思うのは構いません。

自分を低く評価するのは、簡単です。

そして、そのほうが自分が変わらなくて済むので、楽です。

「楽な方に逃げるな」という意味ではなくて、

自分を高く評価するというのは、自分を低く評価するよりも、

チャレンジングで、価値あるものだと、わかっていて欲しいのです。

自己評価を高くするというのは、

もっと簡単に言うと、現実を踏まえた上で、もっといい人になるということです。

商売は綺麗事ではできないと考えている人と、

綺麗事を通しても自分なら商売をできると考えている人では、

どっちが自己評価が高いか、ということです。

家族を犠牲にしないと、自分はゴールを達成できないという考えから、

自分も家族もどっちも幸せになるゴールを目指すと思うことです。

自己評価を高く、そしてその自己評価に見合うような判断、行動をしましょう。

これが結構大変なのですけどね。

【実践編】

1 「自分らしい」、「自分らしくない」と思う状況を挙げましょう。

2 高い自己評価を持つ人が、何を「自分らしい」、「自分らしくない」と思っているかを調べてみましょう。少年漫画などは、とても参考になりますよ。

過去の嫌な出来事に、縛られてしまっていませんか。
自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
ご興味のある方は、ご登録くださいね。
マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。


ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。