命令に従わなくてもいい理由【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

​命令に対し「ノー」と拒否するロボットが誕生 人間にとっての脅威となり得るのか?【動画】
人間の音声命令に対して、リスクを感じると「NO」と拒否する最新ロボットが話題になっている。https……….≪続きを読む≫

【理論編】

 命令を拒否するロボットが生まれたというニュース記事です。

 人間なら、拒否するのは当然ですが、ロボットはこれまで拒否ができませんでした。

 命令どおりに動くことのみが許されてきたわけです。

 

 人間は、命令に従うかどうかを選ぶことができます。

 どんな命令に対しても、です。

 職務命令であっても、それを実行するかどうかを決定するのは自分です。

 

 自分で選ぶからこそ、その結果を引き受けられるのです。

 その結果を引き受けるからこそ、自己イメージを高く保てるのです。

 

 メンタルヘルスを酷く傷つけるものとして、

「不正処理の後始末をさせられること」というものがあります。

 通常、誰だって不正処理の後始末なんてしたくはありません。

 不正処理をした本人が、その責任をとって全部処理してほしいと、

 誰でも思います。

 

 ですが、そこで「させられている」と考えると、

 自己イメージは下がる一方です。

 そして、その自己イメージを回復することもできません。

 反対に、「給料のために、自分はするんだ」と思うようにすれば、

 自己イメージは一時的には下がるでしょうが、

 取り戻すことも自分でできるようになります。

 「こんなことをしている自分は、自分らしくない。早く他の会社に転職しよう。」と思えます。

 

 これは、過去の出来事についても同じです。

 自分で、その解釈を選んでいると思うことで、解釈を変えることができるようになります。

 一瞬は自己イメージが下がるかもしれませんが、

 解釈は自分で選べるのですから、自分で自分が望むように選べばいい。

 

 他人に任せるというのは、とても楽なことです。

 自分で選ぶというのは、厳しいことです。

 しかし、自己イメージを高く保つには、自分で選ぶことを続けるしかない。

 他人の選択に従ってばかりで、自己イメージを高く保つことはできないのです。
 
【実践編】

1 出来事に対して、自分がどのような解釈をしているかを意識にあげましょう。
 例:いじめ・嫌がらせ被害体験について、”あの体験のせいで人生が狂った”と思っている。

2 その解釈を自分で選んでいると仮定する。
 例:”あの体験のせいで人生が狂った”という解釈を、自分で選んでいると仮定する。

3 その解釈を選ぶことによって、自分の自己イメージはどうなるかを考える。
 例:もしこういう解釈を選んでいるのであれば、自分の人生は変えられようがない。

4 別の解釈を模索する。

過去の嫌な出来事に、縛られてしまっていませんか。
自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
ご興味のある方は、ご登録くださいね。
マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。


ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。