五郎丸選手が、メディアに出る理由【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

五郎丸歩、広報活動は「自分の役目」 「色んな選手にスポットを」と呼びかけも
 ラグビー日本代表でヤマハ発動機ジュビロ所属の五郎丸歩選手が『アサヒビール株式会社』とパートナーシッ……….≪続きを読む≫

妻が子供を連れて、外に言ってくれています。

「このうちに、仕事を進めなければ!」と思いながら、

ブログを書いてしまっています。

【理論編】

 五郎丸選手は、自分の役割をラグビーの広報だと捉えているようです。

 だからこそ、積極的にメディアに出ているのでしょう。

 ゴールがあれば、そこからあるべき自分が決まり、やるべきことも決まります。

 抽象的な言い方をすれば、過去が現在を決めるのではなくて、未来が現在を決めます。

 完全に固定した自分などないということです。

 ですから、よい意味でも、わるい意味でも、自己イメージというのは妄想に過ぎません。

 過去の延長線上の自分は、たしかにリアリティがあります。

 しかし、それが将来のあなたである必要はまったくないのです。

 過去にどのような出来事があっても、今あなたがあるべき姿には無関係です。

 あるべき姿を決めるのは、あなたのゴールです。

 五郎丸選手のように、ラグビーを広めるという目的から逆算して、

 今、自分がどうあるべきかを決めればよいのです。

【実践編】

 1 まず、ゴールを決めましょう。
   ゴールの設定方法については、参考記事をご覧下さい。

 2 そのゴール達成のために、今、自分がどうあるべきかを決めましょう。

 3 そのあるべき自分と現在との自分のギャップを、思う存分感じましょう。

 4 行動したくなったら、行動しましょう。

参考記事

自分らしさは、ゴールが決める。

過去の嫌な出来事に、縛られてしまっていませんか。
自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
具体的な技術を、無料のメルマガでお伝えしています。
マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。