ゴールは、すべてを道具にする。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

ひとりごはんに抵抗ある? 男女に20%の差
 仕事の途中で仕方なくということもあるし、積極的に一人で気楽に食べたい時もある「ひとりごはん」。アイ……….≪続きを読む≫

我が子3歳が、自分で書いた絵を、

磁石でキッチンの壁にくっつけていました。

我が子の満足気な顔が想像できて、

とても幸せな気持ちになりました。

【理論編】

 ひとりごはんに抵抗があるかどうか、というニュース記事でした。

 いじめ・嫌がらせ被害体験がある人なら、ひとりごはんは、普通にあったでしょう。

 人と接すること自体を、避けていた人のほうが多いはずです。

 

 人を避けるという目的に照らせば、ひとりごはんは普通のことです。

 思いっきり自分の好きな曲を歌うという目的に照らせば、

 一人カラオケも普通なことです。

 結局は、何が適切か、普通かを決めるのは、ゴール、目的です。

 

 ではなぜ、ひとりごはんに抵抗があるかと言えば、

 他のゴールと両立しないからです。

 たとえば、ひとりごはんは、「二人以上で一緒にごはんを食べる」というゴールとは両立しません。

 しかし、なぜ二人以上で一緒にごはんを食べたいのでしょうか?

 それは、きっと、”一緒にごはんを食べてくれる人がいると、周りに見せたいから”でしょう。

 しかし、なぜ周りに、そのような姿を見せたいのでしょうか。

 本当に、常に誰かと一緒にごはんを食べている自分でいたいのでしょうか。

 こういうのを、他人から植えつけられたゴールと言います。

 

 何かネガティブな気持ちになるときは、

 ほぼ全ての場合でゴール間でのジレンマが起きています。

 よって、ジレンマを解消すればネガティブな感情は消えます。

 その一番簡単な解消方法は、本当に望んでいるゴールかどうかを確認することです。

 自分が本当に達成したいゴールだけ目指せばいい。

 過去の延長線上のゴールは、無視してOKです。
  
【実践編】

 1 自分の中で「実行したい。だけど、実行できない。」というものを1つ選んでください。
 例:人にフレンドリーに話しかけたい。だけど、できない。

 2 そのジレンマを生じさせるゴールは、本当に実行したいことかどうかを確認してください。
 例:「人にフレンドリーに話しかけたい」というのは、よくよく考えるとそれほどしたくはない。
   それよりも、一人でいるほうが好きだ。

 3 自分が本当にしたいことをしているとき、自分を誉めるようにしてください。
 例:一人でいることができたら、自分を褒めましょう。

過去の嫌な出来事に、縛られてしまっていませんか。
自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
ご興味のある方は、ご登録くださいね。
マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。


ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。