幸せを感染させる人になる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

「あげまん女性」の共通点を知って、自分もカレもハッピーになろう
「あげまん」とは、一緒にいる男性に幸運をもたらしたり、出世させたりする「縁起のよい女性」のことをいい……….≪続きを読む≫

実はちょっと風邪をひいたらしく、

体調はよくないのですが、

動き出すと止まりません。

無理しない範囲で、やることをやっておこうと思います。

【理論編】

 ネガティブ感情と同じぐらい、ポジティブ感情は伝染します。

 被害体験者は、もちろん、ネガティブな気持ちになることは多いでしょう。
 
 しかし、自分がポジティブな感情の源になりたいか、

 それとも、ネガティブな感情の源になりたいか、

 ここだけは意識しておいたほうがよいでしょう。

 

 では、どうやったらポジティブ感情を伝染させられるかですが、
 
 一番大切なことは、リラックスすることです。

 人間には2つのモードがあります。

 1つは「闘争か、逃走か」モードです。これは交感神経優位の状態で、情動優位です。

 もう1つは「停止・計画モード」です。これは副交換神経優位で、理性優位の状態です。

 ポジティブ感情を持つことができるのは、「停止・計画モード」のときだけです。

 これは副交換神経優位の状態ですから、つまりはリラックスした状態のことです。

 言い換えれば、リラックスしていないとポジティブにはなれない、ということです。

 年末になり、やるべきことが多くなってきたでしょうが、

 いつも頭の隅にリラックスを意識しておきましょう。

 実験では、1分間に4~6回の呼吸回数にするだけで「停止・計画モード」に入れることがわかっています。

 ゆっくりと深呼吸して、やることを理性的に、楽しみながらすませていきましょう。 
 

【実践編】

1 呼吸に意識を抜けてください。呼吸の吸って、吐ききるまでの時間を調べましょう。

2 呼吸1回が10秒~15秒なら、リラックス状態にあると考えてもOKです。
  ときどき、思い出して、呼吸を整えるようにしましょう。

自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
具体的な技術を、無料のメルマガでお伝えしています。
現在、無料特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』を贈呈中。
この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。
マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。


ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。