パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

ゴールが自分らしさを決める。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

ローラ、今度はDJデビュー 「Gucci」パーティで視線独り占め
【モデルプレス】モデルのローラがDJデビューを果たした。 【さらに写真を見る】クールなDJパフォ……….≪続きを読む≫

妻が、自宅で、お食事会を開催しています。

子供連れなので、楽しい声が聞こえてきます。

私は、風邪のため、接触禁止です。

一人で、昼食をいただきます。

【理論編】

 ローラさんが、DJデビューをしたという記事です。

 こういう記事はたくさん読んでおきましょう。

 自己イメージというものを広げる大切さがわかります。

 モデルという自己イメージにとらわれていたら、

 テレビに出演することはなかったでしょうし、

 タレントという自己イメージにとらわれていたら、

 DJはしていないでしょう。

 

 ピースの又吉さんの本がベストセラーになっていますが、

 これも自己イメージの賜物です。

 小説を書く事を自分らしくないと思っていたら、

 小説なんてかけません。
 
 

 ただ、どうやったら自己イメージを広げられるのか。

 それは、ゴールを決めることです。

 自分が達成したい世界を思い描くことです。

 

 その世界が決まると、

 その世界を達成するためには、自分がどうあるべきかが決まります。

 それが、あなたの自己イメージを広げるのです。

 あとは、その自己イメージを自分のものとしていくだけ。

 自己イメージに一致するものを「自分らしい」、

 一致しないものを「自分らしくない」という基準にして、

 すべての物事を判断していくだけです。

 たとえば、あなたの夢が世界平和という壮大なものであるなら、

 あなたは世界のニュースをみていてこそ、あなたらしいのです。

 ベストセラー作家になることなら、

 本を書いていてこそ、自分らしいのです。 
 
 

 ゴールを決めて、あなたらしさを決めましょう。

 そして、自分の「いま、この瞬間」の自分の行動が、

 自分らしいかどうかを1つ1つ判断していきましょう。

【応用編】

1 適当にゴールを決めましょう。

2 そのゴールを達成するのが当然である、自己イメージを作りましょう。

3 その自己イメージに沿うものを自分らしいと判断しましょう。

 

 自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための

 具体的な技術を、無料のメルマガでお伝えしています。
 現在、登録してくれた方だけに、

 無料特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』を贈呈中。

 この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。
 マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
 どんどん変化できるようになりますよ。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

もっと欲に素直になっていい。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

ゴール設定には2つの条件があります。 その1つが「WANT TO」です。 簡単に言えば、達成したいと思えることです。 できるだけ、自分の煩悩、欲に正直になって、ゴール設定してください。もちろん、煩悩、 …

no image

依存させるのは、技術が未熟な証拠【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

コーチの目的は、クライアントが本当に達成したいゴールを見つけることです。 ゴール達成に向けて動いてしまう、そういうゴールを見つけてもらうことです。 そして、そのために、脳と心の使い方を身につけてもらう …

no image

自分の頭を働かせる方法とは?【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

AIロボがセンター偏差値57.8 危機感覚える声続出 人工知能「東ロボ」君が、センター試験模試で偏差値57.8という好成績をとったことが発表された。 ……….≪続き …

no image

【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【いるいる】飲み会で「黙って帰る人」の共通点を発見!@iStock/TAGSTOCK1 これから年末に向け、飲み会に参加する機会も増えてくるだろう。宴……….≪続き …

no image

過去は自己否定の理由にはならない。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】  計算問題を間違えたとき、  「自分はバカだ」と思うのも、  「あれっ、おかしいな」と思うのも、  どっちでも自然なはずです。  計算問題を間違えたことは、「自分はバカだ」と思う理由にはな …

読者登録フォーム

【無料メルマガ】『パワハラを脱出する方法』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

Twitter でフォロー

2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。