空気を読まないから、自己開示になる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

KYは卒業! 空気が読めない人になる原因と変わり方
【相談者:30代男性】 私は、よく空気が読めないといわれます。そのせいか、婚活していても必ず別れがや……….≪続きを読む≫

【理論編】

 自己開示と空気を読むことが、同じ方向性だという記事です。

 私の意見は、反対です。

 空気を読むことと、自己開示をすることは真逆のことです。

 自己開示というのは、自分のことについて話すことですが、

 それはその場において、普通ではないことを、話すということです。

 

 あなたが教師で、教師の集まりで、教育方法について語るのは普通のことです。

 それは、確かにあなたについて語っていますが、自己開示と呼べるものではありません。

 その場の空気に従ったことを言っただけです。

 しかし、あなたが、

 初めて会った人に、教育方法について語ったら、それが自己開示にあたります。

 それはその場の空気から外れたことであり、

 そうであるからこそ、あなたについて語ることになるからです。

 あなたが何を大切に思っているかが、伝わるからです。

 私の知り合いに、初対面で、英語教育について熱く語ってくれた人がいます。

 私が求めてもいないのに、語ってくれました。

 

 人とのコミュニケーションでは、自己開示は大切です。

 自己開示の量が、その人との関係性を作るのも確かです。

 ですが、それは、空気を読んでいてはできないことでもあるのです。

 

 空気を読もうとするのではなくて、

 自分を出すことを優先してみましょう。

 こういう小さな挑戦が、自分の自信に繋がり、

 過去の呪縛から逃れるきっかけとなるのです。

 

 自分を出すより、空気を読むほうが100倍簡単で、楽なことです。

 そんな方向に流されないでくださいね。

 【実践編】

1 空気に縛られてしまう状況をイメージしてください。

2 イメージトレーニングで、どうやったらその空気から逃れられるかを練習しましょう。
  私のオススメは、(1)身体を動かす。(2)質問をする。です。

自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
具体的な技術を、無料のメルマガでお伝えしています。
現在、メルマガ登録をしていただいた方限定で、

5万円相当の特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』

を贈呈中。

この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。
マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。