羞恥心は要らない。【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

いい歳して恥ずかしい行為ランキング!世代を超えたガチ一位は?
©iStock.com/CREATISTA その年齢にふさわしくない・恥ずかしい行為に対して使われ……….≪続きを読む≫

わが子3歳と、2人で子育て支援センターに行きました。

ひとり遊びをする息子の横で、ずっと本を読んでいました。

だいたい、どこに行っても、息子は一人で遊び、親は本を読んでいます。

なので、わが子は車の中で、文字は読めないのに、

いつも本を読むようになりました。

これが、モデリング(観察学習)です。

【理論編】

いい年して恥ずかしい行為ランキングというものがありました。

1位は、自分のことを「○○ちゃん」と呼ぶ、というもの。

私からすると、ほんのすこしだけ、うらやましい。

「いい人生送ってきたんだな」と思うからです。

他人の目を気にしてビクビクしている人は、自分を「○○ちゃん」とは呼びません。

周りが自分のことをどう思っているかが気にならないから、「○○ちゃん」と呼ぶわけです。

これは、ものすごい自己肯定感が高いことの裏返しでもある。

起業家で、自分のことを「僕」、「俺」と呼ぶ人も多いですよね。

一般的に、人前では「わたし」が無難な一人称です。

そこを気にしないで、「僕」、「俺」と呼ぶのは、自信があるから。

もしくは、自分軸があるから、他人の評価が気にならないわけです。

自分軸を持つにはどうすればよいかと言えば、

聞き飽きたでしょうが、ゴール設定です。

ゴールから、ものごとの基準が生まれます。

北に向かうとき、南に向かっていたらマイナスですが、

南に向かうとき、南に向かうのはプラスです。

物事の基準を作るのは、ゴールです。

ゴールと、ゴールを基準にすれば、恥ずかしさは自然と消えます。

なぜかといえば、恥ずかしさというのは他人の基準だからです。

「いい年して恥ずかしい」の間には、何ら論理的な根拠はない。

ロジックツリーを作ってみましょうか。
・30歳である
・30歳は大人である
・大人は自分のことを「○○ちゃんとは呼ばない」
・Aさんは30歳である。
・Aさんは、自分のことを「Aちゃん」と呼ぶべきではない。
・Aさんは、自分のことを「Aちゃん」と呼ぶ。

・よって、Aさんは、恥ずかしい人だ。

呼ぶべきではないというところに、根拠などありません。

単なる意見です。

社会が、そう思い込んでいるだけです。

物事の評価は、ゴールによって決まります。

そして日本国憲法の根本は、「個人の尊重」ですから、

一人称が増える、「○○ちゃん」と呼ぶのは、むしろよいことでしょう。

他人の評価というのは、まったく当てにならないものです。

だから、羞恥心は不要なのです。

ゴールが、物事の価値を決めるのですが、

それが、トラウマが強みになる、理論的理由でもあります。

詳しいことは別のつれづれと書きますが、

マイナスが大きければ大きいほど、それが強みになることは、間違いありません。

【実践編】

1 ゴールを設定しましょう。

2 他人を批判したくなったときは、その批判は自分のゴールにとってどう関係があるかを考えましょう。

トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える
現在、無料特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』を贈呈中。
この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。


ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。