相手を傷つけない命令の仕方【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

気のない男性からの恋愛サイン、どう断るのが正解?
目当ての男性以外からのアプローチを受けて、気持ちは嬉しいけれど受け入れる気にはなれない。そんなときに……….≪続きを読む≫

今日は親戚が一同に会する日です。

部屋に座布団が入りきりません。

【理論編】

今回取り上げたニュース記事は、

恋愛テクニックの記事を書く仕事の関係で、読んだ記事です。

よい断り方だと思いますので、興味があればどうぞ。

読んでいただければわかるのですが、

断るときの原則は、オブラートに包むこと、ですね。

これは、相手を傷つけない話し方の基本ですが、

このオブラートに包むことを、悪用すれば暗示になります。

今回は、命令をすんなりと受け入れさせる方法、お教えします。

あまり教えすぎると、私の仕事に支障が出るので、簡単なものだけです。

これは、自分にも使えるので、自分にさせたいことがあるときも使えます。

今回は「埋め込まれた命令・質問」というものです。

これは、命令・質問を、他の文章で包むことで、オブラートにしたものです。

たとえば、緊張している人に、リラックスしてほしいとき、

「リラックスしてね。」だと、相手は逆に緊張してしまう可能性があります。

だから、たとえば「リラックスしてほしいなと、思っています。」と言います。

リラックスしてという命令を、~してほしいなという文章に埋め込むわけです。

暗示の本質は、当たり前ですが、意識させないことです。

「リラックスしてね。」だと、リラックスを意識してしまいますが、

「リラックスしてほしいな、と思っている。」は、

”あなたが思っている”がメインに、意識されます。

だから、命令部分が意識に上らないのです。

これは、質問にも使えます。

「趣味はなんですか?」と聞くのではなくて、

「もし趣味があったら、教えてほしいな。」と言う。

ちょっと回りくどいですが、

「もし趣味はなんですかと聞かれたら、どう答えていますか?」でもOKです。

この質問形式は相手も応えやすいですし、自分も逃げ道があります。

「私にはこれが趣味っていうものがなくて、

 聞いてみたくなったんです。」と答えればいい。

こういう風に、自分の命令や質問は、

そのまま伝えるのではなくて、

他の文章の中に埋め込むようにする。

そうすると、相手がストンと受け取りやすくなりますから、

ぜひ使ってほしいなと思います。

【実践編】

1 命令や質問を考えましょう。
 例:お年玉をくれ

2 命令や質問を、他の文章の中に入れましょう。
 例:なんで「お年玉ほしい」っていっちゃダメなの?

トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える
現在、無料特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』を贈呈中。
この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。


ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。