自分を変えるための、心理学的手法とは?【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

のぞましい心の状態に自分自身を導く、3つの驚くべき方法
Inc.:「なりたい自分になるために、どのようにしたら自分の考え方を変えられるでしょうか?」と……….≪続きを読む≫

毎年恒例、親戚一同に会しての新年会でした。

何十年も前から行われてきたこの行事、

兄弟、いとこに子がいて、

どんどんにぎやかになってきています。

大変ですが、楽しい。

【理論編】

自分の考え方を変えるのは、簡単です。

誰でも、一瞬で、変えることができます。

実際に、一瞬だったら誰でもポジティブになれますよね。

だから、変わるのは簡単なんです。

一般的に難しいとされるのは、それを固定することです。

ただ、それもそれほど難しいことでもありません。

6ヶ月もあれば、できます。

この6ヶ月を、長いと取るか、短いと取るか、です。

平均的には、3ヶ月ぐらいで、ほぼ固定できます。

あとは様子見で3ヶ月です。

固定させるのに役立つ、簡単な手法を書いておきます。

IF-THENプランニングです。

これは、「もしX(状況)なら、Y(行動)をする。」という形式で行う、行動計画です。

心理学の実証によると、心の中で3回ほど唱えるだけで、実行確率が2倍以上になります。

もしこの文章を読んだなら、今すぐにIF-THENプランニングを立ててみてください。

たとえば、「今日の19時になったら、ブログを1つ書く」のようにです。

もしくは、「トラウマがフラッシュバックしたら、深呼吸をする。」でもよいでしょう。

「最初に日を浴びたときに、今日の予定を考える。」でもよいでしょう。

これを、心の中で3回唱えてください。

ちなみに、これは心理学的な技術ですから、

信じようが信じまいが、効きます。

それが科学というものです。

ぜひお試しあれ。

【実践編】

1 この文章を読み終えたら、IF-THENプランニングで、行動計画を立てましょう。

2 この文章を読み終えたら、もう1つIF-THENプランイングで行動計画を立てましょう。

トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える
現在、無料特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』を贈呈中。
この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。


ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。