なぜ怖くても、一歩を踏み出せるのか?【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

新・ビーチの女神と話題の坂口佳穂。メディア出演に「ホントは怖いんです…」
数々のメディアに登場し、女子ビーチバレー界で今、最も注目されている坂口佳穂。 「V……….≪続きを読む≫

【理論編】

メディア出演は本当は怖い。

だけど、バレーボール普及にもなると考えて、

メディアに出ているという記事です。

恐怖とゴールの、わかりやすい例かと思って取り上げました。

価値の原理というものがあります。

これは、「存在や意味や価値といったものは身体や欲望、関心、目的に相関的に(応じて)立ち現れる」というものです。

バレーボールの普及という目的に照らし合わせた場合、

メディア出演は大きな価値を持つ一方で、

自分個人の恐怖感情は、ほとんど価値を持ちません。

つまり、バレーボールの普及の価値>恐怖の価値(自己防衛の価値)となるのです。

だから、一歩を踏み出せるのです。

つまり、勇気のあるなしではなくて、

単純に、その目標に価値を感じているかどうか、に過ぎません。

もちろん、人間には、利得よりも損失を2倍ほど高く見積もる傾向があるため、

その目標達成によって得られる価値は、

それまでに費やすものの2倍以上のものでなければならないでしょう。

つまりは、勇気がある、ないの問題ではなくて、

単純に価値の問題、つまりは本人にとっての損得計算に過ぎないということです。

セルフコーチングというのは、わかりやすくいうと、

常にゴールに基づいて物事を判断、行動する習慣付けを行うことです。

自分の中での判断基準を、過去の判断から、ゴールに基づく判断に変えていくこと。

プロのコーチがついたら、3ヶ月から6ヶ月もあれば、それは簡単に可能です。

そして、その思考習慣が無意識化すると、

ゴールにとって関係のあるものしか認識できなくなり、

ゴールを邪魔する、トラウマ、恐怖心なども、勝手に薄れていくわけです。

 カルマの克服なども必要ありません。

カルマなんてないですからね。カルマがあるとすれば、それは心の中だけです。

エネルギーがない状態である、うつ病の治療や克服と違い、

トラウマの克服は、それほど難しいものではないのです。

ただ、数ヶ月程度の時間は、おそらくかかるだけ。

難しいのではなくて、時間がかかるだけです。

信じてくれなくてもいいのですが、希望だけはもっていてもらえたらなと、思っています。

【実践編】

1 男性が、女性に対して、ものすごいマメに動くときを思いだしてください。
例:好きな女性に対して、好かれようとしているとき。

2 そのときの、男性のゴールは何かを考えてみてください。
例:付き合うこと。

3 そのときに、男性が相対的に価値を下げているものは何か、を考えてください。
例:羞恥心

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。