努力と言うのは、現実味を加えること。【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

中3、列車にはねられ死亡=自殺か、踏切脇から線路へ-愛知・安城
 6日午後10時20分ごろ、愛知県安城市今本町の名鉄名古屋線の踏切付近で、市内の中学3年の男子生徒(……….≪続きを読む≫

明日から学校だと、姪が言っていました。

「わが子と遊んでくれる人が減ってしまう」と、

瞬間的に思ってしまうのは、なぜでしょうか。

【理論編】

 私のこのブログの裏のテーマは、いじめの防止。

 今回の悲しい出来事の背景はわかりませんが、

 取り上げておきました。

 私達の見ている「現実」というのは、

 単にその人にとって「臨場感のある世界」のことです。

 夢も、夢だと分からなければ、脳にとっては現実です。

 だから、ちゃんと怖くなるし、楽しくなるし、ドキドキもします。

 体が、その「現実」に適応しようとするのです。

 この子もおそらく、まだ来ていない「現実」に悲観して、

 それに適応してしまった。
 
 

 もし、この子がまったく違う「現実」を想像して、

 そっちに臨場感を、リアリティを感じていたら、

 その現実に適応しようとして、別の行動をとったでしょう。

 もちろん、過去の延長線上にはない未来に、

 臨場感を感じるのは簡単なことではありません。

 ありたい姿が今からかけ離れていればいるほど、

 ぼんやりするのものです。

 そのぼんやりしたものに、リアリティを与えていく作業が、

 客観的には努力と呼ばれるものです。

 インターネットで方法を調べたり、本を読んだり、動画を見たり、

 関係のある場所に行ったり、人に会いに行ったり、練習したり、

 文章を書いたり、人前で話したり、
 
 いろいろなことをすることで、

 ぼんやりとしたものに、現実味を加えていく。

 

 過去の延長線上は、もうすでにリアリティがある世界です。

 そこに、現実味を加える必要はないのですから、

 どうせなら、

 自分が達成した世界なり、ありたい姿なりをまずは空想して、

 そこに現実味を加えていきましょうよ。

【実践編】

1 ゴールを設定してください。

2 そのゴールの現実味が増すように、できることをしてみましょう。

3 その行動によって、どれくらいリアリティ、臨場感、現実味が増したかを確認しましょう。

トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える
現在、無料特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』を贈呈中。
この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。