あなたが、自信を持てない理由【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

法律家っぽく、定義してみましょう。

第1条 本契約において「太陽みたいな卵焼き」とは、目玉焼きのことをいう。

「言う」ではなく、「いう」ってところが、ミソです。

【理論編】

 自分に自信を持ちたいという人は多いですね。

 今回は、シンプルで、効果的な、自分に自信を持つ方法をお伝えします。

 

 どうして自信を持てないかと言えば、

 褒められる経験が少なすぎるからです。

 実績があれば自信が持てると思っている人が多いですが、

 実績の有無は関係がありません。

 実績は、自信を”保つ”ためには重要ですが、

 自信を”持つ”ためには不要です。
 
 我が子3歳は、それといった実績はないのですが、

 「賢いね~」っと褒めると、「うん!」と言います。

 

 自信の最初の段階は、常に根拠のない自信です。

 そして、それは他人から褒められることで、身に付くものです。

 もちろん、褒められる経験を増やすのは簡単ではありませんね。

 では、どうすればいいか。

 そこで役立つ事実をお教えしましょう。

「自分で自分を褒めることは、

 他人から褒めることと同じぐらいインパクトがある。」

 心理学的に、

 他人から褒められることと、

 自分で自分を褒めることは、

 同じぐらいのインパクトがあると分かっています。

 つまり、他人が褒めてくれないなら、

 自分で自分を褒めればいいわけです。

 

 しかも、短期間で徹底的に自分を褒めるんです。

 たとえば3週間、徹底的に自分の心の声(セルフトーク)をコントロールする。

 (セルフトークについては、「参考記事」を参考)

 長い時間をかけるのではなくて、短い時間で集中的にやるんです。

 長期間をかけてやっても、やりがいを感じにくいからです。

 

 心の中の声を変えるだけ。

 誰もあなたの心の中は、分かりません。

 そして、失敗しても何も損もありません。

 ぜひ、やってみてください。

 自信を持つのは、簡単なことだと気づいてもらえたら、嬉しいな。
 
【実践編】

1 1日5分間だけ、セルフトークを徹底的にコントロールする時間をつくりましょう。
  例1:やりかけの仕事に取り掛かって、「さすが私。」
  例2:嫌がらせをしてくるバカな同僚の言葉を聞き流して、
     「あんな言葉に影響を受けるなんて、自分らしくない。」
  例3:自分をけなしてくる人に対して「見る目がないんだな。」

 参考記事

 自己イメージを変えるセルフトークとは?

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。