血圧を簡単に下げる方法【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

小学校のオープンスクールに行ってきました。

「起立!」「礼!」「着席!」がなくなっていたことが、

一番うれしいことでした。

古い軍隊式の方法では、

命令を忠実にこなす人は育っても、

自分で考えられる人は育たないと信じているからです。

【理論編】

 リラックス状態では、当然に血圧が下がります。

 俊敏に動く必要がないため、血流も穏やかになるのです。

 

 心理学の実験で、ポジティブな結果を想像すると、

 血圧が下がることが分かっています。

 

 これは、もともと、ポジティブ思考が、本当に行動に役に立つのか、

 という疑問から生まれた実験でした。

 その結果、ポジティブ思考だけでは逆効果であることがわかった。

 つまり、血圧が下がって、行動力が下がることがわかったのです。
 
 つまり、リラックス状態に入ることが分かりました。

 

 この性質を応用すれば、リラックスもしやすくなります。

 つまり、リラックスしたいときには、

 自分が達成したいゴールを達成した状態を、

 楽しくイメージすればよいのです。

 特に、職場でのストレスに耐えなくてはならない期間は、

 自分のゴールを考える習慣をつけましょう。

 嫌な気持ちにさせられたときには、

 すぐに自分のゴールを思い浮かべるようにするのです。

 こうすることで、リラックスすることがしやすくなり、

 身体への影響も少なくすることができます。

 

 誰かから言われた言葉が気になるのは仕方がないことです。

 そこをあえて無視して、自分が理想とする世界を思い描くようにしましょう。

 そうすることで、あなたの心と身体が、守られやすくなるのです。

【実践編】

1 日常生活の中で、ネガティブな気持ちが生じやすい場面を1つ思い浮かべましょう。

2 ネガティブな気持ちになる状況になったら、目標(ゴール)を達成している自分を想像するようにしましょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。