パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

心の中だけでは、自分に許すな【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

投稿日:

Mr.Childrenのロック調曲(『everybody goes』など)を、

聴きまくっています。

これを受けて、気分がロックになっています。

【理論編】

 あなたの心の中は、

 国家権力であっても侵害できません。

 国家権力であっても、

「あなたは、今日から自分のことを、ダメ人間と思いなさい。」と、

 あなたに命令することはできません。

 あなたの心の中は、絶対的に、あなたのものです。

 ですから、自己評価も、絶対的なあなたの権利です。

 

 たかが一企業の上司ごときが、その権利を害することはできません。
 
 これを大前提に、覚えておいてください。

 

 そうなると、あなたを「私はこういう人である」と決めることができるのは、

 やはりあなたしかいないわけです。

 

 しばしば、他者はあなたについて

 「あなたはこういう人である」と決めつけてきます。

 それを受けて、あなたも自分は「そういう人である」と、

 思い込まされてしまうかもしれません。

 

 しかし、それを受け入れる必要はまったくありません。

 あなたは、絶対的に、自分で自分を評価する権利を、持っています。
 
 裁判所だって、あなたにレッテルを張ることはできません。

 自分で、自分を評価すればよいのです。
 
 

 他者から言葉の攻撃を受けたら傷つくのは仕方ありません。

 叩かれたら痛いのと同じで、心も攻撃を受けたら傷つきます。

 しかし、自己評価まで下げる必要はありません。

 常に自分を、高く評価していればいいのです。

 他者から低く見られても、なめられても、

 自分だけは自分を高く見積もるようにする。

 自分で自分を低く見積もることは、

 自分に許してはならないのです。

 

【実践編】

1 他者から低く見積もられたときは、心の中で反発しましょう。
 「この人、わかっていないな」と思うようにしましょう。

2 他者を低く評価することを、できる限りしないようにしましょう。
  無意識に、他者を低く見積もってしまtっていることは、よくあることです。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラを受けて副業・起業を考える人が心をやられる『マーケティングの呪い』

パワハラを受けているが、転職は難しい。 一方で、パワハラには長く耐え続けられそうにない。 そうなると考えるのが、副業・起業です。 しかし、ここで多くの人が「マーケティングの呪い」にやられてしまいます。 …

no image

職場で必要とされていない感じたら?

職場で、必要とされていない。 そう感じた場合には、どう対処すればよいのでしょうか? 実は、仕事をさせないのも「パワハラ」に該当するんです。   【1】仕事をさせないのも、パワハラに該当する …

no image

パワハラメール相談で有意義なアドバイスを受けるコツ

「勤務しているので、電話相談をする時間がない」、「言葉で説明するのが苦手なので、メールを相談したい」とお考えの方に、知っておいてほしいことがあります。 この記事をお読みいただくことで、パワハラメール相 …

no image

行政にパワハラ相談に行く前に、電話相談をしておこう

行政機関(労働局・労基署)にパワハラ相談をするときは、 まずは電話相談をするようにしましょう。 予約を取らずに行くことも可能な場合が多いですが、 まずは電話で相談しておくほうが、さまざまなメリットがあ …

no image

パワハラを受けたら、死にたいと思ってしまうのは当然のこと

パワハラを受けているとき、 死にたいと思ってしまうのは当然のことです。   そして、その考えを無理やり打ち消す必要もありません。 心理学的には、打ち消そうとすればするほど、 頭に浮かびやすく …

読者登録フォーム

【無料メルマガ】『パワハラを脱出する方法』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

Twitter でフォロー

2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。