いじめは必ずしも犯罪ではないが、相談したくなるレベルは、ほぼすべて犯罪。

知っておくべき! 子ども同士のいじめ問題に弁護士が必要なワケ
こんにちは、佐原チハルです。 “弁護士”というと、自分の生活にはあまり関係のない職業のように感じら……….≪続きを読む≫

【理論編】

 記事にはいじめは犯罪ですと書かれています。

 もちろん、いじめが必ずしも犯罪とは限りません。

 しかし、相談したくなるレベルのものは、ほぼ間違いなく犯罪です。

 

 私がサラリーマン時代に、

 パワハラによって睡眠障害にまで追い込まれた人がいました。

 追い込んだバカ上司は、「メンタルが弱い」と言っていましたが、

 本来なら傷害罪で逮捕されていてもおかしくはありません。

 

 これは知っておいて損はありませんが、

 傷害罪における「傷害」とは、「人の生理機能を害すること」とされています。

 睡眠障害は生理機能を害していますから、十分に傷害罪に該当するわけです。

 

 もちろん、刑法上、傷害罪に該当するからといって、

 警察が動いてくれるわけではありません。

 あなたも、逮捕させることを望んではいないでしょう。

 

 ただ、もし職場いじめのレベルが犯罪レベルだと認識できれば、

 あなたも、専門家に相談しやすいでしょう。

 

 職場の問題は、相談する相手が少ないことが多く、

 また、少しずつ被害が進行していくので、

 相談するタイミングがわかりにくいのです。

 

 刑法の知識があれば、「これは相談しても良いレベルだ」とわかります。

 相談するタイミングを掴めます。

 

 できるだけ早めに、専門家に相談するようにしてくださいね。
  
 早い方が取りうる選択肢も増えますし、結局かかる金銭的費用も少なくて済みますから。

【実践編】

1 自分の現状を客観的に見て、「話を聞いてあげたい」と思うかどうかを、を考えて下さい。
  つまり、第三者からあなたを見たときに、「話を聞いてあげたい」と思うかどうかを、考えます。

2 もし話を聞いてあげたいと思うなら、それは相談したいと思うレベルです。
  専門家に相談しましょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。