3つの側面から、価値を見る。【退職できないジレンマを解消する。】

【理論編】

 私は必ずしも起業を勧めてはいません。

 しかし、転職が難しいとなれば、起業を考えざるを得ないでしょう。

 マーケティング用語で、「バリュー・プロポジション」というものがあります。

 これは、「自社が提供できて、他社は提供できない、顧客が望んでいる価値」のことです。

 このバリュープロポジションの発見が、起業をするにあたっての出発点となります。

 

価値を3つの側面で見るのです。

1 自社が提供できる価値は何か?

2 他者が提供できる価値は何か?

3 顧客が望んでいる価値は何か?

これにより、

「他社は提供できないけれど、自社は提供できる、顧客が望んでいる価値」が、

分かります。

このような価値を提供すると、顧客は「これを待っていた!」と言ってくれるでしょう。

どれか1つが欠けても、足りません。

リアルの書店が「最短で2日で取り寄せ」というサービスを打ち出しても、

ネット書店に適うはずがありません。

ネット書店は”翌日に”、”自宅に”、配達されます。

2、3日後に、書店に取りに行くサービスで、適うはずがないのです。

バリュー・プロポジションの視点から言えば、

「最短で2日で取り寄せ」というサービスは、

あきらかにバリュー・プロポジションから外れたサービスです。

こういう失敗をしないためにも、バリュー・プロポジションを意識しましょう。

「自社が提供できて、他社は提供できない、顧客が望んでいる価値」を探すのです。

【実践編】

1 自社が提供できる価値は何かを書き出しましょう。
  例:さまざまな本を手に取って読むことができる。

2 顧客が望んでいる価値を書き出しましょう。
  例:面白い本、役立つ本を読むこと。
    リラックスする時間を持つこと。
    情報収集をすること。
    立ち読みをすること。
    買いたい本を探すこと。
    意外な本を見つけること。

3 他社が提供できる価値は何かを書き出しましょう。
  例:電子書籍の販売
    本の宅配
    統計に基づいたおすすめ本や関連本の提案

4 バリュー・プロポジションを書いてみましょう。
  例:有名ではないけれど面白く・役立つ本を、その場で、あなたに合わせて紹介してくれるリアル書店

 バリュー・プロポジションについての関連記事は、こちら。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。