許容損失をその都度、定める。【退職できないジレンマを解消する。】

最近、「glee」という海外ドラマにはまっています。

歌の魅力を感じられるドラマっていいですね。

演奏や歌のレベルが高いところが、またいい。

【理論編】

挑戦したいと思ったときに、

絶対にしておくべきことは、

「許容損失を定めること」です。

「許容損失の原則」は、

連続起業家の思考法の1つです。
サラス・D・サラスバシ教授という方が、
連続起業家を、
学問的に調査して発見しました。
「許容損失の原則」とは、
「それぞれのステップにおいて、
 許容できる損失を定めることによってリスクを制限する」
という原則です。
簡単に言えば、
何をするにしても、
「何をどこまで失っても良いかを先に決める」と、
いうことです。
これは、
・撤退ラインを先に決めておく、
・最悪の場合に取る手段を先に決めておく、

・セーフティーネットを用意する、
ということです。

起業・副業をすると決めるなら、

そこにどれだけの時間・費用などを費やせるかを決めておくわけです。

セーフティーネットを用意するのです。

そうすることで、冷静に、チャレンジができるようになります。

連続起業家は、

このように撤退ラインや、
最悪の事態が生じた場合のプランを先に決めておきます。
だからこそ、
迷わずに行動に移せるのです。
退職する場合も、
撤退ライン、最悪の場合のプランを決めましょう。
そうすることで、冷静になることができます。
退職し、転職を考えている場合、
どこまでなら損失を許容できるでしょうか。
いつまでなら、
転職活動に時間をかけることができるでしょうか。
いつまでなら、現在の職場に耐えられるでしょうか。

最悪のケースを想定して、その最悪のケースになっても大丈夫かどうかを確かめるのです。

そうすることで、冷静に恐怖と向き合うことができるのです。

【実践編】

1 ゴールを設定しましょう。
 例:半年以内に退職する。

2 ゴール達成のために必要で、挑戦が必要な行動を1つ選びましょう。
 例:半年以内に転職先を見つける。そのために、資格の取得が必要。

3 許容損失の原則に従って、評価・実行しましょう。
 例:資格取得に費やすことができる時間・費用等を考えて、許容損失内ならGO!

関連記事

自分に自信を持つ簡単な方法

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。