資格よりも経験が強い。

4歳の我が子に、

「起きて~」と、

指で目を開けられます。

めちゃくちゃ痛いです。

【理論編】

 コーチングや、同級生の話を聞いていると、

「資格を持っていないので、転職できません。」という、

 話をされる人がいます。

 

 実際に、面接をしていた側からすると、

 たしかに資格は、1つの判断材料だと思います。

 だからといって、資格があれば転職できるかと言えば、

 それは関係ありません。

 どれだけ資格を持っていても、

 採用しない人もいました。

 

 副業を始める場合にも、

 起業するにも、

 転職する場合でも、

 資格は、自己アピールのポイントの1つに過ぎません。

 書けばいいというものではありませんし、

 あればいいというものでもありません。

 

 私の経験上、

 資格よりも、経験・実績が圧倒的に優遇されます。

 

 ほとんどの人は、自分の実績を過小評価していると思います。

 謙遜は美徳ですが、行き過ぎると問題です。

 たとえば、「私は日商簿記2級を持っています。」と言うのと、

 「私は、医療法人で経理事務を行ってきました。」というのでは、

 圧倒的に後者が信頼を得られます。

 

 資格がないから、転職や副業・起業ができないというのは、

 やはり違うと言わざるを得ません。

 そうではなくて、あなたがこれまでしてきたことに、

 ぜひ、目を向けてみてください。

 

 たとえば、それをブログに書いてみれば、

 きっと何かしらの反応があるでしょう。

 そうすると、

 あなたがこれまでにしてきた経験が、

 どれほど貴重かがきっとわかるはずです。

 

 無理に自信を持つ必要はありません。

 ただ、ブログに自分がしてきたことを書いてみてください。

 それが、あなたの自信を取り戻すきっかけとなるはずです。

【実践編】 
 
1 あなたがこれまでに、体験したこと、してきたことを、できるだけ詳しくブログに書きましょう。

2 同じ内容をSNSにも書いてみましょう。

 

 

 

 
 

無料のメールマガジン 「法律と心理のプロが教える『会社を辞めたい人が取るべき7つのステップ』」は、 ほぼ毎日のように、登録いただいています。 ありがとうございます。 興味がある方は、左側のボックスからぜひご登録ください。 登録者にだけの無料特典もあります。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。