時間が経つほど辞めにくくなる。【退職できないジレンマを解消する。】

最近、アメブロを読んでくださった方から、

Facebookの友達申請を頂くようになりました。

大変ありがたく、嬉しく思っています。

ブログでは書いていない情報なども、

Facebookでは書いていますので、

もしよろしければ申請ください。

三國雅洋で検索すると出てくると思います。

【理論編】

「辞めたいけれど、辞められない」という状況は、

時間が経てば経つほど、辞めにくくなります。

年齢的な問題で辞められないと考えている場合は、

特にそうです。

転職は、年齢が上がれば上がるほど難しくなります。

副業や起業を考えている場合も、

年齢が上がれば上がるほど、

踏み出すための勇気が多く必要となります。

実際、私の知人で、

年齢の問題、収入の問題、資格がないからという理由で、

転職や独立を諦めて、

身体を壊しながらも退職できない人を、

数人知っています。

ただ、問題は

退職できないジレンマを耐えられる期間は、

それほど長くはないことです。

私の昔の職場は、

もともと離職率の高い職業であったにせよ、

2年間で10人近くが退職する職場でした。

しかし、その半数は職場いじめによるものでした。

その場合は、耐えることができて1年です。

しかし、1年後にどうやって退職するかといえば、

まずは睡眠障害が出て、

次に、会社に行こうとすると吐き気を催して、

身体がボロボロになり、

なんでもないことで泣くようになり、

出勤不可能となって、

結果的に退職するのです。

このような状況になったら、

転職活動どころではありません。

では、どうすればよいのかといえば、

今すぐに、できることを始めること。

転職・副業・起業のいずれの方面に進むにしろ、

今すぐにできることは、今すぐに取り掛かることです。

これは何度も書いていますが、

最低限転職エージェントや転職サイトへの登録はしておくことを、

強く強くおすすめします。

他にもいくつか方法はありますが、

細かい手段は、メルマガを読んでいただくのが一番早いです。

もしよろしければ、左側のボックスから登録ください。

【実践編】

1 会社を辞めることを考えている場合は、今思いつく策は全部書き出しましょう。

2 今、リスクなくできることは、全部実行しましょう。
  動けるうちに、動くが原則です。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。