気づかれないファインプレーを続ける。

小学生のとき、

ソフトボールをしていました。

そのときに、3度、

ファインプレーをしたことがあります。

今回は、それにまつわる話です。

【理論編】

 人間は、自分の期待を超えたものに、

 感動するそうです。

 言い換えると、

 予期通りの結果は、

 評価されません。

 私は小学生のころ、

 ソフトボールをしていました。

 セカンドで1番という、

 中途半端なポジションだったのですが、

 ものすごく褒められたことが2回あります。

 一度目は、試合開始後の直後の、

 初級でランニングホームランを打ったとき。

 2度目は、ライトと抜けるライナーを、

 横っ飛びでキャッチしたときです。

 

 しかし、私の中での一番のファインプレーは、

 評価されませんでした。

 

 私にとっての一番のファインプレーは、

 打者が打つ瞬間に、ボールが飛んでくる場所を予期して、

 移動しておくことです。

 それによって、ボールを取ってアウトにする。

 これが私にとっての一番のファインプレーでした。

 しかし、これはボールの移動を目で追うと、

 自分がいるところにたまたまボールが来たように見える。

 ですから、これを評価されたことは一度もありません。

 これは社会全体に言えることでしょう。

 しかし、本来は逆であるべきでないでしょうか。

 目に見えるファインプレーを褒めていたら、

 あえて動きだしを遅くしようとする人も出てくるでしょう。

 なぜなら、そのほうが劇的なキャッチができるようになるからです。

 

 普通のプレーをファインプレーにみせるように、

 エンターテイメントしての技術を磨くのは、

 よいことだと思います。

 

 しかし、それを追及するのは、

 高いレベルでの仕事をしてからで、

 よいのではないでしょうか。

 

 世の中には実際、
 
 要領だけでうまく生きている人もいます。

 でも、それを言っても仕方がない。

 

 だから、自分で自分のファインプレーを褒めてあげましょう。

「今の自分、よくやった」と心の中で、つぶやいてあげましょう。

 誰もあなたのファインプレーを評価できる目を持っていないのですから、

 あなたがあなたを褒めるしかないのです。

 これを専門家っぽく書くと、

 セルフトークのコントロールと言います。

 心理学用語では、内言(内言語)を自分で調整するわけです。

 心理学的にも、効果が高いとされています。

 高いレベルの仕事をしても、

 低いレベルの仕事をしても、

 結局は、給料は同じ。

 だからこそ、自分で自分を褒めてあげてくださいね。

【実践編】

1 誰かに評価してもらいたい、あなたがしていることを挙げてください。

2 思いっきり自分で自分を褒めましょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。