枕を変えても、眠れるようにはならない。【退職できないジレンマを解消する。】

【理論編】

 退職できなくて、

 眠れなくなっていませんか?

 

 最近、眠れないとき、

 眠れる方法をいろいろと試しますね。

 

 運動をしたり、

 お風呂に入る時間を伸ばしたり、

 お酒を飲んだり、

 いろいろと試しますね。

 

 でも、ほとんどの場合は、

 眠れない理由は、精神的なもの。

 

 眠れないというのは、その精神の乱れの症状の1つです。

 症状に対して対応しても、

 原因は解消されません。

 精神的な乱れの回復に、

 取り掛かりましょう。

 そのための方法論も含めて、

 メルマガを書いています。

 

 今回の記事に興味を持ってくれた方なら、

 必ず役に立つ情報だと思います。

 こちらをクリックして、ご登録ください。

氏名は「匿名 希望」でも結構です。

【三國雅洋について】
 30歳で医療法人理事に就任。
 職場いじめ・パワハラが横行する職場であったため、
 25歳から行っていたカウンセリング・コーチング技術を使って、
 スタッフのメンタルケアを行う。
 勤務時間終了後、毎日2時間以上、話を聞く毎日が、
 6ヶ月続いたこともあった。
 トップに原因を伝え、改善を訴えるが、
 トップには解決する意思がなく対立。
 完全に対立してからは、
 トップからパワハラを受け続けることになり、
 理事を辞任。
 
 行政書士・プロフェッショナルコーチとして独立。
 コーチング発祥の時期からコーチングを学んでおり、
 10年間のコーチングセッション回数は2000回を軽く超える。
 コーチとしての三國が自慢に思っていることは、 
 セッションを受けたクライアントの半数以上が、
「私もコーチになりたい。」と言ってくれること。
 
 コーチングを受けてよかったと思ってくれていることが伝わってきて、
 涙が出てきそうになります。
 
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。