後任を見つけるべきは、会社だ。【退職できないジレンマを解消する。】

会社を辞められないというご相談で、よくあるのが「後任がいないから、退職は許可できない。」というものです。

そして、「後任を見つけてこい」というんですね。

これを聞くと本当に腹が立つのですが、後任を見つけるのは、会社の仕事です。

これから自分が退職する会社に、自分の知人を紹介する人がいるわけないですよね。

普通の頭を持っていたら、分かるはずです。

スポンサードサーチ

【1】労働者は比較的自由に、法律的、適法に退職ができる

細かいことは、ステップメールの無料特典に書いてあるので、そちらをご覧いただきたいのですが、法律上も、比較的自由に、労働者は退職ができます。

言い換えると、会社の許可などなくても、適法に、退職できます。

適法に退職できるわけですから、それで損害賠償請求をされることも、普通はない。

下記の厚労省出しているPDFもご覧いただくとよいでしょう。

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/0000081187.pdf

 

【2】後任を見つけるのは会社の責任

後任が見つからないとしたら、それは、会社の責任です。

そもそも会社には採用の自由があります。労働者には採用の自由はありません。

会社のみが、誰を採用するかを決めることができるのです。

採用する自由がある以上、採用が不足する場合の責任も会社にあります。

【3】辞められるのが嫌なら、会社が改善に向けて動けばいいだけ

会社を辞めてほしくないなら、職場環境の改善なり、勤務条件をよくするなど、会社側が改善をすればよいだけです。

それをせずに、さらにあなたに後任を求めるとしたら、会社は自分達の責任を放棄して、わがままを言っているだけです。

【4】退職準備を進めよう

ですから、「後任を見つけてこい」なんて言われても、気にせずに、退職準備を進めていきましょう。

後任を見つけるべきは、会社です。

それは、あなたの仕事ではありません。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。