部下を無能だという上司こそ、無能【退職できないジレンマを解消する。】

【理論編】

パワハラ被害者は、

有能な人が多いと言われているのは、

ご存知ですか?

私の知っているだけでも、

次期社長と周りから言われたために、

パワハラで退職した人が2人います。

つまりは、自分の地位が脅かされることへの恐怖が、

上司という小さな権力を、

暴力的につかう理由になっているわけです。

パワハラを受けた人は、

必ず最後には「無能」のレッテルを貼られることになるのですが、

それは当たり前です。

おそらくですが、

イチローを育て上げられる人は、

世界に100人もいないでしょうが、

イチローを無能にできる人は、

何億人レベルでいると思います。

毎日、毎日、「お前は下手だ」と言い続ければいい。

人を無能にするのは、簡単なことです。

でも、それは背任行為ですよね。

会社の目的の1つは利益を上げることで、

そのために人を有能に育てようとしているわけです。

人を無能にするというのは、

明らかな背任行為だということを、

明確に覚えておくべきです。

「人を育てるのが上司の仕事だろうが!」を、

法律的に言えば、こうなります。

反対から言えば、

部下を無能評価する上司こそ、無能。

こういう人こそ早く社会から退場させるべき人です。

あなたは、自分を高く評価し続ければいい。

自分を無能だと思い込まないでください。

他者評価はどうしようもないですが、

自己評価だけは、高く保ってくださいね。

【実践編】

1 上司の部下に対する責任について考えてみましょう。

2 上司は、その責任を果たしているかどうかを考えましょう。

3 責任を果たしているなら、しっかりとその話を聞きましょう。
  責任を果たしていないから、聴く価値がゼロなので無視。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。