解決策をシュミレーションする。【人の役に立つためのマーケティング】

今回も、少しマーケティングの話になります。

これは、副業をする上では欠かせないことなのに、

ここを無視して、副業を勧める人が多いからです。

バリュー・プロポジションを発見し、

あなたが提供できて、他の人には提供できない、顧客が求める価値が分かりました。

そして、その範囲内で、商品設計を行うに当たり、

まずは顧客が抱える問題をリストアップしました。

列挙された問題を生じさせている問題を発見して、

それをジレンマという形で表現しなおすことで、

理想的な解決策の方向性を見つけました。

次は、この解決策を実行することで、

どのような出来事が生じうるかを確認します。

解決策を実行すればハッピーな出来事が生じるでしょうが、

アンハッピーな出来事も生じうるでしょう。

たとえば、退職できないジレンマの解決策として、

退職希望者の起業を支援するサービスを考えたとします。

あなたのサービスに従って、いきなり起業をすれば、収入が不安定になります。

仕訳などを行う必要も出てくるでしょう。

そもそも、自分の手に負えない依頼がくるかもしれません。

リアルに考えれば考えるほど、あなたのサービスの問題点が出てくるはずです。

その問題点を、今度は商品を改善するのに利用します。

たとえば、上記に対する単純な予防策は、副業から始めることです。

副業である程度顧客がついてから、起業をすることです。

世界的な起業家であるマイケル・マスターソンも、

副業で初めて、収入が落ち着いたら独立せよと述べています。

いきいり起業するのはカッコいいかもしれませんが、

それは現実的ではないでしょう。

そうなると、起業ではなくて、副業支援のほうが、

顧客にとってもよいのかもしれないと思うでしょう。

このように、不安を利用して、

現実味のある商品設計ができるようになるのです。

人助けすることを目的としたマーケティングの話について、

もっと詳しく知りたい方は、無料メール講座に登録ください。

体系的にわかりやすく、書いてあります。

きっと退職を考えているあなたの役に立ちます。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 社会貢献マーケティング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。