労働は面白くないが、仕事は楽しい。【退職できないジレンマを解消する。】

【理論編】

 会社を辞めたいけれど、辞められない。

 その理由は、さまざまあると思います。

 しかし、その1つ1つの理由は、

 症状に過ぎないかもしれません。

 

 血が出ているというのは、症状です。

 炎症が起きているというのも、症状です。

 仕事が面白くない、転職先が見つからないというのも、症状です。

 

 1つ1つの症状に対処するのではなくて、

 それらの症状を生み出している根本問題に、

 取り組みましょう。

 

 たとえば、仕事が面白くないというのは、

 それは本当に仕事が面白くないのでしょうか。

 多くの場合は、それは労働だから、強制されているから面白くないのです。

 

 ちなみに、ここで、だから主体性をもって動いて、

 仕事を楽しくしようとは言いません。

 それも症状に対応する処置、ばんそうこうを貼るようなものです。
 
 

 この場合の根本問題は、勤務をしていることです。

 もちろん、勤務をしなければならない理由はありますが、

 とりかかるべきは、本来、この問題です。

 つまり、どうやったら勤務せずにいれるようになるか、です。

 

 この根本問題を解決に取り組まなければ、

 一生、労働から生じるデメリットを受け続けなければなりません。

 

 現実的に考えれば考えるほど、

 勤務のみを収入形態とするのは、

 大きなリスクを抱えていると言わざるを得ないでしょう。

 取り掛かるなら、今すぐ、です。

【実践編】

1 自分の問題を5~10個ピックアップしましょう。

2 それらの問題を生み出している、できるだけ具体的な大元を考えましょう。
  それが根本問題です。

3 その根本問題の解決に向けて、解決策を考えましょう。 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。