よいものを勧める覚悟を持つ。【人の役に立つためのマーケティング】

予想以上に、

人の役に立つためのマーケティングの話が好評です。

うれしくなって、また書くことにしました。

今回は、価値観の押しつけに関係する話です。

【理論編】

 コーチングを受けると、頭がスッキリします。

 それは、ゴール中心に物事を考えられるようになるからです。

 自分軸を取り戻せるのです。

 このゴールが自分中心なものであれば、

 マーケティングは、戦争論の基づいたものになるでしょう。

 いかに効率的に多くの人に購入させるか、になります。

 しかし、高いゴールを掲げるなら、

 そのような方法論には陥りません。

 理想的な世界にするために、
 
 どうやって、この価値を、必要な人にどうやって届けるか、

 を考えることになります。

 

 価値を伝えることを念頭に置いた瞬間、

 多くよい人が悩むのは、

 これは「価値観の押しつけではないか」ということです。

 たしかに、価値観の押しつけの面はあります。

 そもそも、理想や志というのは、押しつけの面があるものです。

 日本を平和な国にしたいと私は思っていますが、

 そうじゃない人にとっては、押しつけです。

 全員の賛成を受けるようなゴールはありません。

 

 そうなると、最終的には覚悟の問題となります。

 自分を守るために、よいものを世に広めるのをストップするか、

 良いものを世に広げるために、自分を変えていくか、です。

 

 もちろん、よいものを広げるために、

 ゴリ押しをしようと言っているのではありません。

 それは、マシンガンで狙い撃ちするのと変わりません。

 

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 社会貢献マーケティング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。